全部自分でやる!過払い金返還訴訟

サラ金に払い過ぎたお金を「自分の力」で取り返してみませんか?過払い金の返還は専門家に頼らなくてもできます。過去の自分を戒める意味でも是非自分自身の力で過払い金返還を勝ち取りましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

訴訟費用の請求

以下は平成18年4月段階で書き上げていたものです。
裁判に勝ったのは嬉しいが,これまでに裁判に使った費用を自己負担とするのは承服できない。

やはり訴訟費用まで請求し,サラ金業者に負担してもらって初めて「過払い返還訴訟」は完結した,というべきであろう。
出来もしない「みなし弁済」の立証を出来ると言い張り,悪戯に裁判を長引かせた業者に対して制裁を与える意味でも,これは避けて通れない。

自分なりに書き上げるつもりでトライしたが,Googleで「訴訟費用」と検索しても,参考になるサイトもブログも見つからない。(管理人の探し方が拙かったのかも知れませんが・・・)

本来なら,自分で「ここまで調べて(書き上げて)みましたが,分からないので教えて下さい。」というのが他人にモノを教えて貰う時の「筋」だとは思うが,どこにも参考にするものが載ってないのじゃお手上げ(笑)

仕方ない。ここは素直に教えて貰うしかない。
教えてクレクレ君じゃないことは裁判所の方もお分かりだろう。
直ぐに裁判所に駆け込んだ。

書記官「訴訟費用の請求ですか?正直言ってそこまで請求なさる例が少ないもので・・・」

とはいうものの,書記官も過去に出された訴訟費用額確定処分の申し立て書を参考に,丁寧に色々教えて下さった。

判決後一定期間経過後は記録係に書類が移るらしく,以後は記録係の方に教えて頂くことになった。数日裁判所に足を運んで,最終的には何とか訴訟費用確定処分の申立書が完成した。

完成した訴訟費用確定処分の申立書訴訟費用額計算書

<請求できる主なもの>
私の記事は絶対ではありません。請求する際は,まず自分で書き上げてみて,さらに裁判資料を持ち込んで書記官とよく相談してください。
★訴えの提起手数料
 訴状に貼った収入印紙の額=訴額により決定

★訴状等の作成及び提出費用
 訴状,準備書面等を1通として,5通までは1500円、
 以後は通数が一定数(15通)を超えるごとに1000円加算

★代表者事項証明書交付費用
 証明書は法務局で1件1000円で取得,交付手数料として160円
 合計の1160円

★訴状副本及び第1回口頭弁論期日呼出状各送達費用=実費
 特別送達1050円に重さによって加算

★原告日当
 3950円×公判期日回数
(これは美味しいですよ。1回の公判など通常30分以内,長くて1時間以内ですからね。しかも立証責任のほとんどが相手方サラ金にあるわけですから,引き伸ばし工作には喜んで付き合ってあげましょう。)

★原告交通費
 300円(10km未満)×公判期日回数
 10kmを越えた部分は別途加算 

★判決正本送達費用=実費
 特別送達1040円に重さによって加算

★訴訟費用額確定処分正本送達費用
 特別送達1040円に重さによって加算
(相手方への送達費用だけではなく,自分への送達費用も認められます。私は直接裁判所に訴訟費用額確定処分の正本を取りに行ったので費用に計上しませんでしたが,郵送で送ってもらう場合は別途費用として申し立てて下さい。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

判決は訴訟費用を被告の負担とはしない

酔っ払いながらですみません。
ちょっとショックでした。
判決が出たのですが、訴訟費用を100%被告との負担しなかったのです。

控訴を考えましたが、どうするかは未だ検索中です。
で、訴訟費用については、100%被告の負担とは限らないと、知って欲しかったので、書き込みさせていただきました。

ウォン | URL | 2006年10月28日(Sat)01:05 [EDIT]


訴訟費用全額認められました

10年も前ですが、勝訴判決確定後に訴訟費用全額請求を認める決定をいただいたことがあります。残念ながら決定は本訴にかかる差押えに間に合わず、現在、差押えの余り額と共に時効中断の訴訟を提起していますが、今回は新たに、訴訟費用債権に法定利息の加算も認めて欲しい旨の提訴です。果たしてどうなることやら・・・・

カマダ | URL | 2006年11月23日(Thu)11:50 [EDIT]


サラ金以外は

はじめまして
偶然たどりつきました。

フリーアドですみません。
実は彼女が総額はわかりませんが
600位でしょうか、サラ金以外の
銀行系(これはおそらく利息制限法以下かも)あとクレジット系のキャッシングは
同じように消費者系と変わらないとおもいます。
どうやら彼女の病気と小1、3の子供もいますので自己破産を考えているようですが
どうにか過払い分、もしくは整理をしてあげたいと思っております。
自分の方は、親からの方も援助がありとりあえず完済しています。

事情があり、結婚などは難しいのですが
せめて破産だけはさけてあげてられるように
したいのです。
弁護士や裁判所には60万位はかかると言われていたようですが、どうも足元みられているようで。

一応、法律関係はちょっとかじったのですが
難しいことはわかっているつもりです。
少なくとも、クレカのキャッシングも
裁判費用等もおかしいと思うのですが
いかがでしょう。

申し訳ありませんが、よろしくお願いします

Ryo Misaki | URL | 2008年08月08日(Fri)02:29 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。