全部自分でやる!過払い金返還訴訟

サラ金に払い過ぎたお金を「自分の力」で取り返してみませんか?過払い金の返還は専門家に頼らなくてもできます。過去の自分を戒める意味でも是非自分自身の力で過払い金返還を勝ち取りましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第2回公判期日(1)~和解拒否

平成16年9月某日 第2回公判期日(1)

今回は大手サラ金P社も訴訟代理人が出廷してきた。
(代理人は某店店長N氏,簡易裁判所では弁護士ではなく通常従業員が代表者代表取締役の代わりに出廷する。)

前回,大手サラ金P社は欠席したが答弁書を出していた。

第1請求の趣旨に対する答弁
  1,原告の請求を棄却する。
  2,訴訟費用は被告の負担とする。
  との判決を求める。

第2請求の原因に対する答弁
  認否を留保する。

第3被告の主張
  被告は和解による解決を希望する。

裁判長「被告は和解を希望するとのことですが,希望する和解内容を述べてください。」
代理人「過払い金額の97,211円を上限に和解を希望します。」
裁判長「(逆襲に対して)・・・・とのことですが,和解に応じますか?」
逆 襲「その条件では和解には応じません。遅延損害金まで求めます。」

このとき裁判長は一瞬「はぁ?」というような顔をした。
おそらく100%返還なら多くの請求者は和解案に応じるのであろう。

ここで和解を申し出るなら,何故電話で返還を求めた際に素直に応じない?
裁判か弁護士による交渉以外では返還しない,などと足かせをしておけば簡単には動かないと踏んでいた元債務者が,生意気にも裁判を仕掛けて来たから余程腹が立ったのだろう。ほんの僅かでも嫌がらせをして鬱憤を晴らしているようだ。

要は「本人訴訟だから舐められている」らしい。
これを受けたら大手サラ金P社の思惑通りになってしまう。

改めて和解拒否を表明した。

当方の和解拒否により弁論に移った。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。