全部自分でやる!過払い金返還訴訟

サラ金に払い過ぎたお金を「自分の力」で取り返してみませんか?過払い金の返還は専門家に頼らなくてもできます。過去の自分を戒める意味でも是非自分自身の力で過払い金返還を勝ち取りましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第5回公判期日~P社全面降伏!

年が明けて平成17年1月中旬 第5回公判期日

今回もP社の代理人はN氏
今日こそは「みなし弁済」を立証してくれるらしい(笑)
(何度も言うが無理なものは無理だからね,P社さん)

書記官に事件番号を呼ばれ原告席に座る。

裁判長「被告から再度和解案が出ているのですが・・・」
逆襲「和解はしないと再三申し上げておりますが・・・」
裁判長「いや,それがね・・・(と被告に話を振る)」
代理人「逆襲の債務者様の請求額全額支払いますから,和解して頂けませんか?」

(判決貰いたくないから逃げたな,逃がすかよw)

逆襲「しません,判決が欲しいです。」
裁判長「被告は遅延損害金を含めて全額支払うから和解して欲しいと言っている,もう判決まで待っても結果は同じ。ここで和解をしたらどうですか?」

(さりげなく出た裁判官の言葉,裁判官の判断は100%サラの負けというものだった。裁判官がそこまで言うなら仕方がない。今後も訴訟予定は何件も控えているし,裁判官にあまり悪く思われたくない。)

逆襲「分かりました。和解致します。ただし支払条件は1週間以内です。」

(何もすぐにお金が欲しくて言った訳じゃない,我々(元)債務者が支払いを遅れたら散々嫌味を言ってきた連中だ。同じ気持ちを味わって貰いたい。)

代理人「我々も会社組織ですので,直ぐにとは・・・和解調書が届き次第手続きします。出来るだけ急ぎますので・・・」
逆襲「今日明日払えと言っている訳じゃない。あなた方サラ金は決済をするのが仕事でしょう?貸付けの決済は僅か数十分で出来るのに,過払い金の支払いはすぐには出来ない,矛盾してませんか?」
裁判長「そこはね・・・分かってあげて下さい。会社組織だからね。和解調書が届き次第入金手続きをすると言ってるのだから。」

(裁判長がそこまで言うなら引くしかない)

逆襲「分かりました。」

P社の全面降伏でこの裁判の幕は閉じた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オリ○ント信販(サラ)から、本人限定受取郵便で、「ご連絡」という和解案が届きました。

①期日が14日以内とあるが、6/12まで待ってほしい
②31万の請求を、19万に負けて!
③現在当社では、法廷代理人などによる過払いの件数が多いから、利益を大きく減じてます!お客様みんなに平等に返還したいから、企業体力もないし、これでいい?
・・・ってな、内容でしたwなめてる?

今日内容証明で・・・お返事しました。
私は、貴社より送付いただいた和解案19万円では、和解に応じられません。貴社は2002年10月、私の自宅まで来、妻に私の債務の弁済を迫りました。また私の勤務先にまで取立てに来られました。これは、金融庁の事務ガイドラインによって規制されていますし、心情的にも許し難い行為です。訴訟となれば、この事も考慮にいれるつもりです。ところで先に送りました過払金請求額の×××・・・(延々続く・・・)

以前、配達証明で請求した金額より再計算という事で、更に多い金額で請求し直しました。14日以内にと。
ココもそろそろ、訴状書かなくっちゃ!がんばります。
だんだん楽しくなってきた。

あさぎりの主婦 | URL | 2006年04月18日(Tue)23:41 [EDIT]


弱った振り?

貸金業者の振る舞いなど情けないものですよ。
「許して~」もパフォーマンスですからね。
あさぎりの主婦様の書き込みを見て,外国人プロレスラーが弱った振りをして反撃するシーンを思い出しました。(昔ありましたよね?)結局はその弱った振りレスラーは負けるんですけど・・・(もっともあれはショーだったのですけど)

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年04月19日(Wed)14:00 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006年04月19日(Wed)20:33 [EDIT]


和解に関する送付

"年が明けて平成17年1月中旬 第5回公判期日 "でも触れてますが、和解調書の送付とか送金確定まではどれ位の日にちがかかりましたか?。
実は訴前和解してしまった処が一件あって合意和解書送りますから!って既に一週間。来ないのです。返送して更に締め日に振り込むとなると段々腹がたってきたのです。提訴にしちゃおかなぁ~♪

親にかわり | URL | 2006年04月20日(Thu)01:11 [EDIT]


あくまでも主導権はこちらに・・・

和解日が平成17年1月14日
和解調書には送金予定日が2月4日になってましたけど,実際には1月19日(5日後)には振り込まれてました。かなり早かったですね。
私の場合,相手の代理人も「早い約束をして万が一遅くなったら申し訳ないから,2月4日までとさせて欲しい。とにかく急ぐから・・・」と言ってましたからね。
もっとも,裁判所の和解(既判力あり,経緯も含めて)でしたら相手も素直に従ったと思いますよ。

私は訴訟前に和解する場合は先に入金日を聞き,許容できる期間(基本は1週間~どんなに遅くても10日)なら待ち,万が一振り込まれなかったら「和解は×」と言う条件でしかしません。

しかも先に大至急(2日以内)和解書(合意書)を送らせ,入金を確認してからでないとそれを返送しませんからね。あくまでも主導権はこちらにという姿勢じゃないと・・・

和解内容を知らないので何とも言えませんが,相手が不誠実な態度を取るなら提訴して過払い100%+遅延損害金+訴訟費用まで請求すればいいのではないでしょうか?
条件がいいのなら催促するしかないですね。

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年04月20日(Thu)02:08 [EDIT]


クオーク勝ちました

今日簡裁にて判決もらいました。
争点は悪意の受益者と消滅時効の可否でした。
クオーク(旧ぷらっと)の答弁書より・・・
顧客との取引においては、みなし弁済による取引が行われているのが大半であり、紛争が発生していない平時の状況においては当初の契約に基づいたみなし弁済による取引が継続しているものと理解するのが当然である。
また利息制限法による引き直し計算は紛争が発生した時点で初めて行いその結果過払いを認識するものであって過払い金発生当時に過払い金の認識をした事実もなければ、その必要もなかったのであるから本件紛争が発生していない時点にまでさかのぼり利息を付加して請求することは不当である。
裁判所判断・・・・
趣旨まとめ
悪意の受益者に該当するかの判断は43条のみなし弁済が適用されるかによる。
借主が利息制限法超過を超えて支払いをしたと主張した場合にはその時点で貸金業者は悪意の受益者であると認められる。
貸金業者がこれを争う時はみなし弁済規定の適用があり且つ借主にその認識があったことを抗弁として主張立証する必要がある。
そうでなければ貸金業者がみなし弁済の規定を認識していたというだけでみなし弁済が適用されてしまう。
消滅時効についてはまた後日。

北海の熊 | URL | 2006年04月20日(Thu)17:01 [EDIT]


ありがとうございます。

「悪意の受益者」に関する裁判所の判断は概ね北海の熊様がもらった判決の内容どおりですね。
私がもらった判決(ブログでは未紹介)も同様の内容でした。
貸金業者の「みなし弁済が成立すると思ってた」で通るなら「みなし弁済」の規定は意味がないですからね。
貸金業者が「利息の仕組み」,「みなし弁済」について知らないわけないのですから,結局は客観的に「みなし弁済」の要件を満たしてなければ貸金業者は負ける,簡単なことです。

しかし,貸金業者のバカ答弁は一体誰が考えるんでしょうね?

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年04月20日(Thu)18:04 [EDIT]


バカ答弁にて墓穴を掘る

逆襲の債務者様、本当に貸金業者の答弁には
あきれてしまいます。
先述の消滅時効の争点の答弁でも当方初回借入から増額していった経緯のなかで増額時の契約書書き換えの際の契約は全て個別の契約と主張10年前のものは時効を援用するとのことでしたが、残念ながら当方の会員番号は初回借入から同一番号なもので消滅時効判例からしても全く勝ち目がないとわかっていながらの、こじつけ答弁。
素人の私が訴訟のために身に付けた知識程度でもバカ答弁とわかってしまうくらいの内容で本当に誰が考えた答弁なのか不思議に思います。(考えてなく単に訴訟を長引かせる嫌がらせだとおもいますが)
素人をなめるなよです。

北海の熊 | URL | 2006年04月21日(Fri)12:13 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。