全部自分でやる!過払い金返還訴訟

サラ金に払い過ぎたお金を「自分の力」で取り返してみませんか?過払い金の返還は専門家に頼らなくてもできます。過去の自分を戒める意味でも是非自分自身の力で過払い金返還を勝ち取りましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恐れずに前へ・・・

某巨大掲示板に書き込んだ内容です。

『このスレにいる住人で過払い請求を迷っている人に聞いて貰いたい。

時間的な都合で自ら参戦できない人意外は,本人訴訟でもお金を取り返すことができる。
訴状の書き方だって,裁判所の職員は丁寧に教えてくれる。
少しでも自分で調べる姿勢でもあれば,親身になってくれる。
PC使えない人には訴状のテンプレートさえ与えてくれる。

彼らは何十,何百の訴状を見ているから手馴れたもんだ。
俺も最初はネットで調べたりして自分なりに書き上げて相談に行った。
そりゃ最初は拙い文章だったと思うけど,凄く丁寧に教えてくれたぞ。
そして書き上げた訴状を提出することだ,後で訂正が必要なら電話連絡だってしてくれる。

何はともあれ,自ら動くことだ。
学ぼうとする姿勢を見せる人間に冷たい態度をする人間はいない。
(もちろん教えてクレクレ君じゃだめ。)
恐れずに前に踏み出してほしい,結果は後からついて来るから。

それから・・・・
裁判傍聴をオススメします。
裁判所には当日の裁判日程が必ず掲示していますので
その中で「不当利得返還訴訟」となっている事件を傍聴することをオススメします。
自分の座る位置,相手の座る位置から弁論の内容、
さらにはサラが泣きついてくるラストシーンwまでよく分かります。

簡易裁判所ぐらいでは毎日開廷しているわけじゃないので
事前に電話して改定日を教えてもらいましょう。』
        ⇒訂正

※訂正
×改定日
○開廷日
(管理人 逆襲の債務者)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

携帯の裁判のついでに、神戸簡裁をのぞいて
いたのですが、消費者金融側が欠席しているのか、弁護士と裁判官とが、実になごやかな感じでした。
それにしても、消費者金融側の態度って、たいがい
嘗めくさってますな。

れたすがーど | URL | 2006年12月30日(Sat)11:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。