全部自分でやる!過払い金返還訴訟

サラ金に払い過ぎたお金を「自分の力」で取り返してみませんか?過払い金の返還は専門家に頼らなくてもできます。過去の自分を戒める意味でも是非自分自身の力で過払い金返還を勝ち取りましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初めて書いた訴状

【背景】
相手は大手サラ金P株式会社
完済後8年経過した後の全取引履歴の開示要求に応じたが,
過払い金の返還は弁護士か訴訟を通して請求して欲しいらしい。


計算書が届いてすぐに利息制限法計算シートで過払い金額を計算してみた。
取引履歴に改ざんの箇所はなく,計算シートに全経過を打ち込むと過払い金額が確定した。

過払い金額=97,211円
確定損害金=39,497円

過払いだけで10万円弱,頭が悪いから不必要に支払ったんだ。
無知って恐ろしい(笑)

早速,訴状作成に取り掛かる。
金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス
で被告の住所,会社名,代表者名,電話番号を調べた。

で,最初に書いた訴状が↓

今となっては,もっと上手に書いたら?・・・(笑)と思うが,
逆に言えばこの程度の訴状でも受理してもらえるということ。
特に請求の趣旨の金額が判りにくい。
過払い発生日から訴状提出までの確定損害金など算出する必要はなく,単に,過払い金額金9万7,211円,過払い発生の翌日から支払済みまで年5%の遅延損害金を支払え,で十分であった。
(管理人 逆襲の債務者)



訴  状

平成16年7月20日

■■簡易裁判所 御中

〒・・・-・・・・ ○○県■■■■■■■■■■■■(送達場所)
原告   逆襲の債務者
TEL:090-・・・・-・・・・

〒・・・-・・・・ 東京都■■■■■■■■■■■■(送達場所)
被告   大手サラ金P株式会社
上記代表取締役 ■■■■
TEL:03-・・・・-・・・・(代表)

事件名 不当利得返還請求事件

訴訟物の価額   金9万7,211円
手数料額       金1,000円

請 求 の 趣 旨

1 被告は原告に対し,金13万6,708円,及び内金9万7,211円対する平成16年7月20日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金を支払え。

2 訴訟費用は被告負担とする,との判決並びに仮執行の宣言を求めます。

請 求 の 原 因

1,被告の表示
 被告は,全国に支店を持ち,原告のような消費者に対して小口の貸付を行う,○○財務局登録の大手貸金業者である。

2,原被告との取引
 原告は,平成4年11月某日被告から金15万円を約定利息年27.00%で借り受け,継続的に金銭の借入,弁済を繰り返してきた。

3,被告の不当利得
 ところで,元々被告の原告に対する請求金額は,利息制限法を超過する無効な利息を元に計算されたもの(甲第1号証)であって,利息制限法超過利息の弁済については,元本に充当されるべきである。
 そこで原告は,被告と金銭消費貸借契約を行った平成4年11月某日から,平成8年6月某日までの取引経過を,利息制限法所定の金利により再計算を行ったところ(甲第2号証),金9万7,211円の過払い金が生じた。これは元本がないのにそれを全く知らずに支払ったものであるから,被告の不当利得金となる。
 また,前記過払金に対し,年5%の延滞損害金として金3万9,497円が生じた。

4、まとめ
 よって,原告は被告に対し,不当利得金として9万7,211円,この不当利得金の遅延損害金として金3万9,497円,及び不当利得金であるである金9万7,211円に対する,平成16年7月20日から支払済みに至るまで年5分の割合による遅延損害金の支払いを求める。


証 拠 方 法
書証
1 甲第1号証     お取引照合表(被告が作成したもの)
  甲第2号証     利息制限法による計算書(原告作成)
  甲第3号証     契約書
  甲第4号証     領収書

付属書類
1 訴状副本      1通
2 甲号各証写     1通
3 履歴事項全部証明書 1通
以上

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も訴訟を考えてます

利息制限法計算シートなんて便利な者あるんですか!良ければどこで入手出来るか教えて貰えますか?

ちう | URL | 2006年05月10日(Wed)20:37 [EDIT]


自分で探しましょう

「訴訟を考えてます。」なら教えてクレクレではダメです。
グーグルで検索すればいくらでも見つかります。

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年05月10日(Wed)22:05 [EDIT]


追加

「利息制限法 計算 ソフト」と検索してみて下さい。

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年05月10日(Wed)22:09 [EDIT]


訴状提出の前に内容証明で得促しようと思ったが、事件番号出ないと対応出来ない会社が多い様ですね。
裁判で不利益にならないなら省いた方が良さそうですね。

| URL | 2006年06月16日(Fri)18:00 [EDIT]


>| #-|2006/06/16(金) 18:00様

内容証明は正式な「請求」とはなりませんから,省略して即裁判で問題ないと思います。
記録不開示の場合に慰謝料を請求する証拠としては有効ですが・・・

管理人 逆襲の債務者 | URL | 2006年06月22日(Thu)17:19 [EDIT]


確定損害金って?

今だから 判った事ですが…
ある一社で9年に一度過払い金が発生していました。気付かず 借り入れ・返済を繰り返して、過払いが発生していたのは2ヵ月間。その後 借り入れ・返済を繰り返し、次に過払いが発生していたのが16年8月。いつから確定損害金を算出したらいいですか?
 あと他社の事ですが…17年に60万あった過払い金が、訴訟をしようとしている今、40万です。やっぱり40万から 算出するんですか?

【信頼】 | URL | 2006年10月22日(Sun)02:47 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年08月14日(Sun)12:06 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。